EditRegion5
オーストラリアワイン事典 Introduction ニュー・サウス・ウェイルズ州 ヴィクトリア州 南オーストラリア州 西オーストラリア州 マレー河流域地帯 著名ワイナリー SiteMap ワイン事典シリーズフランス事典イタリアワイン事典 トイツワイン事典カリフォルニアワイン事典チリワイン事典

 

k Mobile版開設

Australian Wine

オーストラリアは、米国本土とほぼ同じ面積を有する大陸である。葡萄栽培面積は17万ha、生産量は2011年度で世界第7位、その約6割を輸出し、イギリスでは、フランスを抜いて輸入ワインの第1位、アメリカでも首位の座を競っている。日本でも、フランス、イタリア、チリ、スペインに次ぎ、アメリカと輸入ワインの第5位を争っている。
オーストラリアは僅かここ10年ほどの間に、ワインの世界の一大勢力となっている。それは、オーストラリア・ワインが、一定レベルの品質の高さを持ち、灌漑を行う内陸の畑で大量生産される葡萄から造られたワイン1本を取ってみても、必ず合格ラインを満たす最低限の品質水準を維持しているからであろう。

オーストラリアワイン地図

オーストラリアのワイン産地は、下記の4州にあるが、大まかに言えば、その沿岸部で古くからぶどうが栽培されていた。
第二次大戦後、内陸部のマレー川流域地帯の灌漑開発が進み、広大な葡萄畑が新しく開発され、今日では、国内で収穫される全葡萄の約3分の2を占めるまでになっている。

・South Australia 
(南オーストラリア州)

は、バロッサ・ヴアレーを中心に著名な産地が広がっていて、オーストラリアのワイン生産量の約半分を占める。

・New South Wales 
(ニュー・サウス・ウェールズ州)

は、シドニー近くに歴史あるハンター・ヴアレーを擁し、生産の3割弱を占める。

・Victoria
(ヴィクトリア州)

は、フィロキセラ禍で衰退したが、ワインブームの1960年代に、メルボルン近郊の古い産地を中心に復活し、今や生産の2割を占める。

・Western Australia
(西オーストラリア州)

は、生産量こそ少ないが、マーガレット・リヴァーを始めとして大陸東南端の冷涼な気候が注目され、近年活発な開発が行われている。

・三大灌漑地域


西オーストラリア州を除く上記3州のワインの大半は、内陸部のマレー川流域の広大な地域で栽培された葡萄が使われているのがオーストラリアの特徴で、この地域は灌漑なしには葡萄が育たないため、「三大灌漑地域」と呼ばれている。収穫量の多い順に示せば、
ヴィクトリア州とニュー・サウス・ウェールズ州に跨るMurrayDurling (マレー・ダーリング)、南オーストラリア州の Riverland (リヴアーランド) 、ニュー・サウス・ウェールズ州のRiverina (リヴァリーナ)である。

オーストラリアのワイナリーは20世紀末から21世紀に入って、900から約2,500に増加しているが、スケールメリットを重視するオーストラリアのワイン産業は、基本的に5大ワイン会社[Foster's(フォスターズ)Hardy's(ハーデイーズ)Pernod Ricard Pacific(ベルノ・リカール・パシフィック)Casella Wines(カセラ)McGuigan Simeon(マクギガン・シメオン)]に支配されている。この5つの企業だけで加工する全葡萄の64%、全輸出ワインの75%を占めているのもオーストラリアの特徴であろう。(参照:著名ワイナリー)

伝統に捕らわれない進取の精神に溢れるオーストラリアは、産地間ブレンドワインを生むと共に、「カスクワイン」と呼ばれる低価格の紙パックワイン、や、スクリューキャップを最初に導入した国でもある。

 

近代的ワイン造り

大雑把に言えば、「古典的ワイン造り」は、ワインは出来るだけ自然であるべきだという立場に立っている。葡萄栽培からワイン醸造までの一連の流れの中で、人間が関われる部分を相対的に少なくして、人間が過度にワインに介入し、コントロールすることを極力避けなければ、いいワインを生まないと言う考えである。
一方、最先端の科学技術を駆使して、総て人間のコントロールの下で、市場の求めるワインを造って行こうとする考えで、「近代的ワイン造り」とでも言うものである。
オーストラリアワインのここ10年の驚異的進展は、後者の考えに基づいていると言っても言い過ぎではないであろう。

ワイン醸造に関わる機器・設備類の近代化と共に、現代の化学技術を駆使して、色調を調整したり、タンニンの強さを調整したり、あるいは酸度を調整している。更に、樽の風味を加えるために、オークチップの使用なども盛んに行われている。使う酵母の違いや発酵温度の調整で、ワインの性格や印象をも変えている。
これらの醸造技術の一例を挙げれば、以下のようなものがある。

Microoxygenation (マイクロオキシジェネーション)
ここ数年特に大手のワイナリーを中心に導入が広がっている技術であるが、これは赤ワインの発酵終了後の貯蔵段階で、タンクの中のワインに非常に微量な酸素を通すことによって、ワインをまろやかな口当たりのよいものにしようとするものである。
赤ワインは、出来上がって間もない初期の段階では、タンニンや酸のまろやかさに欠けるところが出がちで、飲む時期としては、少し寝かせて置いた方がいい場合が多い。中には飲み頃になるのに何年も時間が必要なワインもある。そこで、microoxygenationの手法を使って、出荷した時点で既にこなれた、飲み頃感のあるまろやかなワインを提供しようとするものである。

Reverse Osmosis (リバースオズモーシス)
「逆浸透圧技術」とでも言うのでしょうか、この技術は、ワインのアルコール度数を調整することを可能にする。一般的にはアルコール度数を下げるために使われるが、この技術の応用で、アルコール度数を上げることにも可能。つまり、思いどおりのアルコール度数のワインを造ることを可能にしている。

どんなに、最先端技術を駆使しても、「古典的ワイン造り」をしているワインと「同じようなもの」は造ることは出来ても、決して「同じもの」は出来ないのが、又、ワインの面白いところと言えます。