EditRegion5
オーストラリアワイン事典 Introduction ニュー・サウス・ウェイルズ州 ヴィクトリア州 南オーストラリア州 西オーストラリア州 マレー河流域地帯 著名ワイナリー SiteMap ワイン事典シリーズフランス事典イタリアワイン事典 トイツワイン事典カリフォルニアワイン事典チリワイン事典
ワインの歴史

南オーストラリア州ワイン地図

南オーストラリア州は、アメリカにおけるカリフォルニア州に等しい「ワイン州」である。
オーストラリア全土の収穫葡萄の半数近く(48%)がここで加工されているし、主だったワインや葡萄に関する研究機関もすべて州内にある。ワイン州にふさわしく、州都アデレードは葡萄畑に囲まれている。

南オーストラリア州中心ワイン地図

アデレードの北東55kmには、南オーストラリア州のナパ・ヴァレーともいうべき、Barossa Valley(バロツサ・ヴァレー)がある。

南オーストラリア州でブドウ栽培が盛んに行なわれるようになったのは、最初の移民が入植した1836年頃から。その当初、ヨーロッパからの移民が伝統的なワインの醸造技術を持ち込み、ワインの品質向上に貢献したことが、国内最大のワイン産地に成長する基盤である。

Barossa Valley(バロッサ・ヴァレー)Adelaide Hills(アデレード・ヒルズ)に見られる由緒ある古いブドウの木は、北米やヨーロッパ、そして後にオーストラリア東部のブドウ園を襲ったフィロキセラの被害から免れている。
それは、世界のワイン産地から遠く隔てられた地であると共に、早くから厳しい検疫規制が設けられたことによる。

南オーストラリア州は、世界最古のブドウの木を誇るだけでなく、多様な産地に恵まれている。

主要産地は、上記地図の中の、Clare Valley(クレア・ヴァレー)Barossa Valley(バロッサ・ヴァレー)Eden Valley(エデン・ヴァレー)Adelaide Hills(アデレード・ヒルス)McLaren Vale(maマクラーレン・ヴェイル)に、SuperZone外のCoonawarra(クナワラ)であろう。