カリフォルニアワイン事典 Introduction Mendocino Sonoma Napa CentralCoast北部 CentralCoast南部 SierraFoothills・CentralValley・SouthernCarifornia 著名ワイナリー SiteMap ワイン事典シリーズ フランスワイン事典 イタリアワイン事典 ドイツワイン事典 チリワイン事典 オーストラリアワイン事典
ワインの歴史
セントラルコースト北部(Central Coast-North)

セントラルコースト

は、サンフランシスコからモントレー・カウンティーを経て、サンタバーバラ・カウンティーに及ぶ地域で、 ハイウェイ101号線が、その葡萄畑を串刺しするように走っている。
この道は、かつて「エル・カミノ・レアル(王の道)」と呼んでフランシスコ会修道士たちが布教のため北上し、葡萄栽培をアメリカに最初に伝えて北上して行ったルートでもある。
セントラル・コースは南北に非常に長いので、北部南部の2つにページ分けした。

この北部では、古くからの産地であるLivermore(リヴァモア)Santa Cruz Mountains(サンタクルーズマウンテンズ)の2つのAVAと、小地域のAVAを含む、より広範囲なMonterey(モントレー)San Benito (サン・ベニート)について述べる。

カリフォルニア・セントラルコースト北部のワイン地図

 

AVA・Livermore Valley

  (リヴァモア・ヴァレー)

サンフランシスコの東、シリコン・ヴァレーの中心都市サンノゼの北の内陸にあるリヴァモア・ヴァレーは、カリフォルニアでは稀な東西に走るヴァレーを形成し、海からの霧や海風が流入し、日中に温まった空気を冷やす。風が強く乾いた砂利の多い土地。

この地に、葡萄栽培が始まったのは150年以上前で、カリフォルニアでも長い歴史を持つワイン産地である。
1869年Ch・デイケムのソーヴィニオン・ブランの接木が植えられたところとも言われ、19世紀末にはワイナリーの数も20を越えていたが、禁酒法で殆ど消えた。

禁酒法時代を乗り越えて、現在もワイン造りを続けているワイナリーが、Wente(ウェンテ)とConcannon(コンキャノン)で、1800年代末期創設の老舗である。

 

白ワイン、とりわけ個性的なソーヴィニオン・ブランの白ワインで知られているが、現在、シャルドネ、カベルネ、シラー等も植えられている。
第二次大戦後の宅地化、近年のシリコン・ヴァレーの発展で、葡萄畑は縮小される傾向にあり、栽培面積は2,000ha、ワイナリー数は約26。

LivermoreValley(リヴァモア・ヴァレー)

 

AVA・Santa Cruz Mountains (サンタクルーズ・マウンテンズ)

Santa Cruz Mountains(サンタクルーズ・マウンテンズ)

リヴァモア・ヴァレーの西側、シリコン・ヴァレーの未曾有の発展で、広がる都市部を見下ろす山麓がサンタクルーズ・マウンテンズ。
太平洋に面する西側の半分とサンフランシスコ湾に面する東側の半分に二分される。
前者はピノ・ノワール、後者はカベルネ・ソーヴィニョンが適する。
産地としての大きさはナパヴァレーと同じだが、栽培面積の非常に小さい葡萄畑が、山地に散在している。
冷涼な霧に包まれる位置にあるが、その霧のかからない高所の畑「モンテ・ベッロ」のカベルネで、秀逸で長寿なワインを生み出したリッジ(Ridge)は、この地域のリーダーと言える。

この地も、古い葡萄栽培地であったが、禁酒法時代に総て消失し、その時代の老舗は残っていない。

 

Monterey  County (モントレー・カウンティ)

Santa Lucia Highlands(サンタ・ルシア・ハイランズ)

101号ハイウェイを南下し、世界一のニンニクの産地・ギルロイ(Gilroy)を経て、モントレー・カウンティーのサリーナス・ヴァレー(Salinas valley)に入ってくると、101号ハイウェイの左右は平坦で広大な葡萄畑が広がっている。
葡萄栽培面積:18,000ha(ワイナリー数:約60)

モントレー湾の冷気をまるでじょうごの口を広げたように吸い込むサリーナス・ヴァレーは、湿気の多い海風で周辺のようには高温にならない。極度に乾燥しているが、サリーナス川の地下水脈から灌漑用水を引けるから、青果の一大産地であった。
カリフォルニア大学ディヴィス校が、海の影響を受ける冷涼な気候で葡萄栽培に理想なヴァレーと分類したことで、1960年代以降、大企業と優遇税制処置による個人投資家によって、葡萄畑一辺倒に変わり、その栽培面積は16,200haにも及ぶ。その大半のワイン(シャルドネが圧倒的)は、セントラル・ヴァレーの大企業にバルクで売られ、より温暖な地域のワインとブレンドされ、カリフォルニアワインというごくありふれた呼称のワインとして売られている。

101号ハイウェイの西側山麓のGonzalesからKing cityに掛けて、
Santa Lucia Highlands(サンタ・ルシア・ハイランズ)
Arroyo Seco(アロヨ・セコ)
San Bernabe(サン・ベルナーベ)
などのAVAがあるが、多くはワインの生産地ではなく、葡萄の栽培地である。

:*モントレーは、強い海風で変形した松林や白砂の美しいカーメルの海岸線やゴルフ場(PebbleBeach)が多くの観光客を集めているが、スタインペックの作品の多くの舞台でもある。

 

San Benito County (サン・ベニート・カウンティ)

Mt Harlan(マウン ト・ハーラン)

101号ハイウェーの東側山麓、Salinas(サリーナス)の町の東の渓谷にある、サン・ベニート・カウンティーのワイン産地は、以下の細分化されたAVAが寄り集まっている。
・San Benito (サン・ベニート)
Cienega Valley (シェネガ・ヴァレー)
Mt Harlan (マウン ト・ハーラン)
LimeKiln Varrey (ライムキルン・ヴァレー)
・Paicines (パシネス)

この地の有名なのは、Mt Harlan・AVA(マウン トハーラン)のカレーラ(Calera wine company)。標高1800fの高地にワイナリーがあり、畑は更に上の、2,200fと言う高地にある。ブルゴーニュに似た石灰岩土壌の畑で造るピノ・ノワールはブルゴーニュに勝るとも劣らないカリフォルニアを代表するワインであろう。

Mt Harlan(マウン トハーラン)の南、サリナス・ヴァレーの東側、カビリアン山中、標高2000fの高地の山間にあるのが、Chalone・AVAで、唯一のワイナリーがシャローン(Chalone Vineyard) 。
ここも典型的石灰岩土壌で、シャルドネとピノ・ノワールを栽培している。そのブルゴーニュ・タイプのワインは秀逸で、その評価は高い。

著名ワイナリー