カリフォルニアワイン事典 Introduction Mendocino Sonoma Napa CentralCoast北部 CentralCoast南部 SierraFoothills・CentralValley・SouthernCarifornia 著名ワイナリー SiteMap ワイン事典シリーズ フランスワイン事典 イタリアワイン事典 ドイツワイン事典 チリワイン事典 オーストラリアワイン事典
ワインの歴史
セントラル・コースト・南部

San Luis Obispo County  (サンル・イス・オビスポ)

カリフォルニア・セントラルコースト(Central Coast)南部ワイン地図
101号ハイウェイを車を南に走らせ、サン・ルイス・オビスポ・カウンティに入ってくると、目に入る風景は葡萄畑一色で、それはサンタバーバラ・カウンティに至るま続く。

禁酒法以前、この地もジンファンデルが栽培されていたと言われているが、禁酒法時代跡形もなく壊滅してしまった。そして、20世紀末までは、牛が草をはむ牧場だった地域である。しかし、ここも、起伏の多い葡萄畑にすっかり様変わりしている。

101号ハイウェイを挟んで、東と西では、海からの涼風の影響に大きな違いがある。
Paso Roble(パソ・ロブレス)の夏は焼け付くように暑く、40℃にも上昇するが、
西Edna Valley(エドナ・ヴァレー)は、南に30マイルしか離れていないのに、午後になってようやく26℃程度に達すると言う程気温の差は大きい。

San Luis Obispo Countyの葡萄栽培面積は9,500ha
(内8,000haが以下のAVA・Paso Robles)ワイナリー数:105。

 

AVA・Paso Robles(パソ・ロブレス)

にあるパソ・ロブレスは明らかに暑い。太平洋沿岸に連なる西の山並みが、海からの冷風を遮るから、空気を乾燥させ、昼夜の寒暖の差も大きい。
コンステレーションやフォスターなどの大企業が開発した広大な機械化された葡萄畑が広がっている。その大半の葡萄は、ノースコーストなどの契約先のワイナリー向けのである。
地元を代表する生産者は、ベリンジャー傘下のMERIIDIANやJ LOHR。

 

AVA・Edna Valley & Arroyo Grande Valley

 (エドナ・ヴァレー ・ アヨロ・グランデ)

西のこの2つのAVAは、海からの強い影響を受け冷涼である。パソ・ロブレスの南からサンタバーバラ・カウンティまでは、太平洋からの冷風を遮るような高い山並みはない。河川が刻んだ谷も大きく海に口をあけたように広がっているから、想像できないほど涼しい気候である。
ジンファンデルやシラーに始まり、今ではブルゴーニュ系のピノ・ノワールやシャルドネでも極上ものの産地として認められつつある。
ローヌ系品種、中でも優れたシラーを造るのが、Edna Valley(エドナ・ヴァレー)。
極上のピノ・ノワールとシャルドネの産地が、Arroyo Grande Valley(アヨロ・グランデ)

EdnaValley(エドナヴァレー)のブドウ畑

 

Santa Barbara County (サンタバーバラ・カウンティ)

この地は、トロピカルな花が咲き乱れる美しい町・サンタ・バーバラやデンマークの雰囲気を持つソルヴァングがある。美しい海岸にはビーチタウンが立ち並んでいて、ロスアンゼルスに近いこともあって、観光客が耐えない。この地を舞台にした映画「サイドウェー」の公開以来、ワイナリー・ツアーの爆発的増大で、その賑わいに拍車が掛かっている。
葡萄栽培面積:9,000ha、ワイナリー数:約105あるが、サンタ・バーバラ・カウンティには、以下の3つのAVAがある。

・Santa Ynez Valley (サンタ・イネス・ヴァレー)
・Sta Rita Hills (サンタ・リタ・ヒルズ)
・Santa Maria Valley (サンタ・マリア)

SantaBarbaraサンタ・バーバラのブドウ畑

サンタ・バーバラの町の北の山脈を越え、太平洋に流れ込むサンタ・イネズ川が刻んだ谷の、海に近い下流域が Sta Rita Hills(サンタ・リタ・ヒルズ)
その西の上流域が
Santa Ynez Valley
(サンタ・イネス・ヴァレー)
Santa Maria Valley(サンタ・マリア・ヴァレー)の葡萄畑は、101号ハイウェーを北上したサンタ・マリアの町の東の山麓にある。

この地は、降水量が極端に少ないのはカリフォルニア南部の典型だが、気温は太平洋の冷気が霧を作り流れ込むから驚くほど涼しいのが特徴である。 これがピノ・ノワールやシャルドネと言ったブルゴーニュ品種の栽培に最適で、1970年代から目覚しい発展を成し遂げた。
霧の立ち込める一帯を抜けた標高の高いところでは、ローヌ品種、特にシラーが植えられている。海に近いサンタ・リタ・ヒルズには、ソーヴィニョン・ブランやドイツ品種のリースリングやゲヴュルツトラミネールも植えられていて、特有の酸味の利いたワインが出来る。
サンタ・リタ・ヒルズが世に注目を集めるきっかけを作ったのは、SANFORD(サンフォード)

著名ワイナリー

 

映画「サイドウェイ」

映画・サイドウェイ
2003年の秋に公開された映画『サイドウェイ』は、アカデミー・最優秀脚色賞、ゴールデングローブ・作品賞など、数々の映画賞に輝いたヒット作晶。
映画の舞台はサンタバーバラ。中年ダメ男2人のワインと恋が織りなす、可笑しくも一寸人生を考えさせる物語。
この映画の封切後に、アメリカでは、主人公が愛するピノ・ノワールが大ブームとなった。 ある調査会社によると、封切後3カ月の間にピノ・ノワールの売上が16%、カリフオルニアだけでみると33%にも上がったと言う。新聞やテレビが、 この映画に影響された人々の 喜悲劇を大きく報道したことも、ブームに拍車が掛かったようだ。映画1本で、ピノファンの急増現象はいかにもアメリカ的で面白い。

ワインは飲むだけではなく、この映画のシーンのように、お気に入りのワインを自分の人生に投影させて熱っぽく語る、なんて楽しみ方をこの映画が教えてくれたからであろう。 映画公開以降、サンタバーバラは一大観光スポットになり、ワイナリーツアーが盛んに行われ、南カルフォルニアのワインカントリーと呼ばれるようになった。