カリフォルニアワイン事典 Introduction Mendocino Sonoma Napa CentralCoast北部 CentralCoast南部 SierraFoothills・CentralValley・SouthernCarifornia 著名ワイナリー SiteMap ワイン事典シリーズ フランスワイン事典 イタリアワイン事典 ドイツワイン事典 チリワイン事典 オーストラリアワイン事典
ワインの歴史
ソノマカウンティ(SonomaCounty)

Sonomaワイン地図

ソノマ(Sonoma)

には、風光明媚な自然とカリフォルニアの歴史遺産とも言える建物が残っていて、以前から観光が盛んであったが、近年、ソノマのワイナリーを見学したり、ティスティングを楽しむツアーが盛んで、こちらもナパ同様人気が高い。

カリフォルニア全域に言えることであるが、土地の気候は、寒流が流れる太平洋の霧の到達度とその結果生じる雲の量よって決まる。ソノマは、全般的にナパよりはるかに涼しい。中でも午後4時から午前11時までの間、しばしば霧に覆われる南部が最も冷涼である。ソノマは、土地も広大な上に、土壌や気候が微妙に地域によって異なるため、多種類のブドウ品種を栽培している。栽培量もナパよりはるかに多い。
栽培主要品種は、全体としてはシャルドネの作付面積が一番多く、次いでカベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、ジンファンデル、ピノ・ノワールと続く。
Sonoma County(ソノマ・カウンティー)の葡萄栽培面積は20,000ha。ワイなりーは260。栽培業者は750。

Russian River Valley(ロシアン・リヴァー・ヴァ レー)
・Sonoma Valley(ソノマ・ヴァレー
Russian River Valley
(ロシアン・リヴァー・ヴァ レー)
・Chalk Hill(チョークヒル)
と言ったソノマ南部霧の深い地域は、寒過ぎて湿度が高いために 1960年代の中頃までは、殆ど葡萄栽培は行われる事は無かった。しかし、その気候を逆手 にとって、70~80年代の白ワインブームの時期に、シャルドネ、ピノ・ノワールなどのブ ルゴーニュ品種、あるいはリースリングのようなドイツ品種の栽培が始まり、現在、非常 に良質な白ワインを産出している。

一方、
Alexande Valley(アレキサンダー・ヴァレー)
・Knight Valley
(ナイツ・ヴァレー)
Dry Creek Valley (ドライクリーク・ヴァレー)
のような、霧の到達しない内陸の標高の高い温暖な栽培地ではカベルネ・ソーヴィニョンやメルロ、ジンファンデルなどが栽培されている。

それぞれのAVAは、南部と北部の2つに分けて説明した。なお、最も冷涼な最南端の、
Los Carneros(カーネロス)は、Napaに跨るが、南部ソノマに加えた。

著名ワイナリー

 

>