カリフォルニアワイン事典 Introduction Mendocino Sonoma Napa CentralCoast北部 CentralCoast南部 SierraFoothills・CentralValley・SouthernCarifornia 著名ワイナリー SiteMap ワイン事典シリーズ フランスワイン事典 イタリアワイン事典 ドイツワイン事典 チリワイン事典 オーストラリアワイン事典
ワインの歴史

St. Helena・AVA(セント・ヘレナ)の葡萄畑

St. Helena・AVA(セント・ヘレナ)

は、ナパ・ヴァレーの最大の「ワイン・タウン」であるセント・ヘレナの町を取り囲むように葡萄畑は広がっている。
アメリカならではの豊かなサーヴィスで、ワイナリー・ツアーの観光客の賑わいは大変なものがある。混雑振りも一様ではない。さしずめ、 V. SATTUI WINERY(V・サトゥイ) や LOUIS MARTINI WINERY(ルーイス・マティーニ)は観光客のメッカと言えるだろう。

生産量の多い大ワイナリーの多くがここにある。こうしたワイナリーは、ナパ・ヴァレーだけでなく、セントラル・ヴァレーやモントレー南部の葡萄やワインを買い付け運び込んでワインを造っている。
幅広いワインをリリースし、産地指定のワインを送り出しているBERINGER VINEYARDS(ベリンジャー)がそうであろうし、 SUTTER HOME WINERY(サッターホーム)の、かすかなピンク色のホワイト・ジンファンデルは、セントラル・ヴァレー産の葡萄で造られている。
同時に、ごく小規模な葡萄畑のカルト・ワイン、GRACE FAMILY(グレース・ファミリー)、VINEYARD 29(ウィンヤード29)、 HERB LAMB VINEYARDS(ハーブ・ラム)、 CORISON WINERY(コリソン)などもここにあり、その賑わいは一様ではない。

気候は、西側に山が立ち塞がり、霧や涼風の影響が薄れるため非常に温暖。ヴァレーの北部は狭く、 山の斜面 からの熱の照り返しで、真夏の気温は、31 ~35 ℃にもなる。降雨量は、950mm ~1000mm 。
畑は海抜 46m ~185m程度にある。 土壌は、南と西の境界はより小石や粘土の多い堆積土が主で、肥沃度は低く、保水力は並。北と東へ行くほど火山性土壌で、表土は深くより肥沃度が増す。
栽培品種:カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ジンファンデル,ローヌ系品種 ( シラー、ヴィオニエ)、

BERINGER VINEYARDS(ベリンジャー)