チリワイン事典 introduction Elqui&Limari Aconcagua Casablanca San Antonio Maipo Cachapoal&Colchagua Curico Maule Itata Bio Bio Malleco チリ著名ワイナリー SiteMap チリワイン地図 ワイン事典シリーズ フランスワイン事典 イタリアワイン事典 ドイツワイン事典 カリフォルニアワイン事典 オースオラリアワイン事典
ワインの歴史

カサブランカ・ヴァレー

Casablanca Valley (カサブランカ・ヴァレー)

は、今チリで最も活気ある産地のひとつである。カサブランカ・ヴァレーの発展は、1980年代に、チリの大牧場主モランデが、カリフォルニアの牧草地とワインヤードに感銘を受けて、森と牧草地が広がる場所でしかなかったカサブランカに、葡萄園を作ったのが最初で、カサブランカの起源と言われている。
*モランデが始めたワイナリーが、Casas del Bosque(カサス・デル・ボスケ)

この地域が、白ワイン用ブドウ栽培の理想的条件下にあるため、1990年代に入って、多くのワイナリーが進出した。現在ではヴァレー全体で数十のワイナリーが生産活動を展開していて、「チリの白ワイン」の代名詞とも言える地域である。

カサブランカ・ヴァレー
カサブランカ・ヴァレーの地形は、沿岸山脈が途切れていて、大きく広がる河口部から冷たい海風が大量に流れ込む。その冷気と霧の影響で大変涼しい気候が保たれている。
それがこの地独特の溌剌とした果実味溢れるワインを生み出している。ワイン生産が拡大しはじめた当初は、渓谷全体がほぼ均一な気候条件と考えられていたが、今日では多様な土壌と変化に富んだ微小気候(ミクロクリマ)の存在が関心を呼んでおり、標高や気温に応じて品種の選択が行われている。より 気温の下がる沿岸部では、ベンチレーターを設置して果実を凍結から保護するなど、様々な試みも行われている。

カサブランカ・ヴァレーの代表品種とされるシャルドネの他、ソーヴィニヨン・ブラン、また赤ワイン用では冷涼な気候を好むピノ・ノワールなども高い評価を得ている。

かなり新しい産地でありながら、首都から車で約1時間とアクセスも良く、チリ国内でも大変知名度の高い産地。2002年にはカサブランカ・ワイン街道が立ち上げられ、地域の観光名所として戦略的にプロモーション活動が開始された。

栽培品種:
Cabernet Sauvignon(186)
Merlot(430)
Carmenere(66)
Pinot Noir(426)
Sauvignon Blanc(1085)
Chardonnay(1845)(*ha)