チリワイン事典 introduction Elqui&Limari Aconcagua Casablanca San Antonio Maipo Cachapoal&Colchagua Curico Maule Itata Bio Bio Malleco チリ著名ワイナリー SiteMap チリワイン地図 ワイン事典シリーズ フランスワイン事典 イタリアワイン事典 ドイツワイン事典 カリフォルニアワイン事典 オースオラリアワイン事典

 

k Mobile版開設
チリワイン

チリは、東にアンデス山脈、西に太平洋、北にアタカマ砂漠、南に南極大陸に囲まれている。
この周囲を囲む自然環境がフィロキセラの侵入を防いできたと言える。フィロキセラに侵されない唯一のワイン生産国である。

チリワイン地図
チリ以外の国では、フィロキセラに耐性のある台木に接ぎ木した苗を使うが、チリでは葡萄は自根で成長できる。つまり、新しい畑を作る時切り枝を地面に挿すだけでいい。チリの一つの特徴である。

安定した地中海性気候のチリでは、ほとんど汚染のない乾いた空気の中、日々陽光が降り注ぐ。この環境特性に適する葡萄を19世紀に移植した事が、今日のコスト・パフォーマンスのいいチリワインを生み出している最大の要因である。
20世紀末の輸出ワインの主力だったカベルネ、メルロー、カルムネールに、最近では、シラー、ピノ・ノワール、マルペック、ソーヴイニヨン・プラン、シャルドネ、それに、ゲヴュルツトラミネール、リースリングまでも加わり、日本でも多様なチリワインが輸入されている。(日本への輸入量は、イタリアに次ぎ、第3位)

チリワイン産地の、北部Elqui(南緯30度)から最南端のMalleco(南緯38度)までの緯度は、北半球の緯度にはめれば、アフリカのカイロからイタリアの最南端シチリアのパルレモの位置に相当し、欧州のワイン産地のはるか南に位置し、相当暑く良質のワインは生まれにくい地域のように思われる。しかし、寒流のフンボルト海流の流れる太平洋と冷気を吹き下ろすアンデス山脈の影響を受けて、緯度から想像するよりはるかに涼しい。しかも、昼夜の寒暖の差が極めて大きい。
これがチリの気候の特徴で、明快な果実香や凝縮度に寄与し、良質なワインを生み出している。

チリの公式ワイン地図は行政的に南北のアベラシオンに分かれているが、栽培地の実際の土壌や気候条件は、その地勢および太平洋やアンデス山脈との距離に応じて相当に異なる。ワインの質は、東西の影響をより大きく受けることが最近明らかになってきた。
葡萄栽培地としてチリの自然の欠点は、夏期に事実上雨が降らないことである。農家は早くからこの間題に気づいていて、精密さには欠けるものの、運河と溝のネットワークをめぐらし、毎年アンデスの雪解け水を畑に注いできた。この港漑方法も新しい畑ではドリップ式潅漑に転換されつつあり、良質ワインの生産に寄与している。

チリ・セントラル・ヴァレーの気候の図解