チリワイン事典 introduction Elqui&Limari Aconcagua Casablanca San Antonio Maipo Cachapoal&Colchagua Curico Maule Itata Bio Bio Malleco チリ著名ワイナリー SiteMap チリワイン地図 ワイン事典シリーズ フランスワイン事典 イタリアワイン事典 ドイツワイン事典 カリフォルニアワイン事典 オースオラリアワイン事典
ワインの歴史
チリワインのラベルの読み方

 

チリワインのラベルの表示内容図解

 

チリには、フランスのAOCような明確な格付け制度がない。しかし、品種が単一か、それとも複数品種のブレンドか、オーク樽で熟成されているかどうか等は、総てとは言い難いが、ある程度ラベルから判断できる。(チリワイン法上では、記載してもしなくてもいいものもあるから、)
以下には、そのための捕捉情報を記述した。

 

チリワインの種類 (ワイン法の上で、3種類に分けられる。)

(1)原産地呼称ワインDO-Denominacion de Origen
原産地を表示したもので、上記のラベルのように、その他品種等が表示されたもの。
*フランスのAOCは狭い原産地呼称(畑名等)の方が格上で高級と言えるが、チリの場合は狭い原産地呼称(上記のPuenteAltoのようなエリア)の知名度が低いため、広い原産地呼称(上記の場合はMaipoValley)を選んでつけている場合の方がむしろ多い。

(2)原産地呼称の無いワイン
葡萄品種は指定されているが、産地はチリ国内で生産さてたものであれば可で、それを混合して使ってもいい。従って原産地のラベル表示は無い。ラベルに品種を表示する場合は、混合した場合でもその品種が75%以上である必要がある。

(3) テーブルワイン
食用葡萄で造られたものであれば何を使っても可。品種・品質・収穫年のラベル表示は不可。

 

チリワイン用語

ヴァラエタル

ヴァラエタルとは、一般的に、単一の葡萄品種で造られ、オーク樽での熟成をしていないワインを指す。最もシンプルなベースのワイン。ラベルにはヴァラエタルとは記載されず、品種名だけが記載されている。

レゼルバ-Reserva

レセルバとは、一般的には、オーク樽での熟成を行っているワインである。
(但し、白では、樽熟成をしていないものがあり、特有かつ独自の風味特性を持つ、という意味で、レセルバと表示さている場合もある。)
レセルバは、単一品種だけで造る場合と、複数の品種を混ぜて造る場合がある。前者の場合は、品種の特長を生かしたものになり、後者は、各ワイナリーがいろいろな品種をそれぞれ独自の割合でブレンドしたのもので、生産者の個性を色濃く反映している。
このレゼルバには、より上級ワインに、格上げ名称(アルコール度が少し高い)があり、
Reserva Especial」「Grin Reserva」等と言う言葉が使われている。
この「Reserva」と言う品質補足表示語は、ラベルには記載してもしなくてもいいことになっている。

プレミアム

それぞれ各ワイナリーの最上位クラスのワインを「プレミアムワイン」と呼んでいる。しかし、ラベルにはこの記載は無いからラベルからは判断できない。その代り、そのワイン専用のブランド名が付けられいるのが一般的である。従って、そのブランドが、最上位クラスのワインであるかどうかは、そのワーナリーの製品ラインアップから判断するしかない。