Maipo Valley (マイポ)

マイポ・ヴァレー
マイポ・ヴァレーのブドウ栽培は、大都市サンティアゴに近いことから、19世紀中葉、フィロキセラがヨーロッパの葡萄畑を荒らす前に、ボルドーから直輸入した苗木から始まった。 
それが、チリを多様なボルドー系品種(カベルネ・ソーヴイニヨン、ソーヴイニヨン・ブラン、メルロー、カルムネール)の宝庫にした始まりである。

マイポは、気温が最も高く、セントラル・ヴァレーでは最も小さな栽培地域だが、19世紀から続く伝統的な大手のワイナリー(コンチャ・イ・トロ、サンタ・リタ、サンタ・カロリーナ等)もあれば、1990年代に生まれた新興ワイナリーもある。
工業スケールの大規模農園から実験的で小規模ブティック・ワイナリー、又、有機栽培の農園まで、実に多種多様なワイン造りが展開されている。加えて、近年は外国資本も参入している。
その中心に大都市サンティアゴ(人口600万)を抱えるこの産地は、名実ともにチリワインの中心である。

マイポは基本的にボルドー系の赤ワインの里であるが、「Alto Maipo-アルト・マイポ」と呼ばれる、アンデスの麓を這い登る栽培地は、アンデス山脈から吹き降ろす冷涼な風の影響で、昼夜の温度差が極めて大きい。それが、タンニンのしっかりした風味の良いワインを産む。
アルマヴイヴァ、アウレア・ドマス、カサレアル(サンタ・リタ)、ハラス・デ・ビルケ(ケプレダ・デ・マタル)、ヴイネード・チャドウイツタ(エラスリス)など、チリで最も賞賛されている赤ワインを生み出した。

栽培品種:
Cabernet Sauvignon(6411)
Merlot(1168)
Carmenere(548)
Syrah(380)
Sauvignon Blanc(427)
Chardonnay(96)(*ha)

*チリのDO(Denominacion de Origen)は、より小さい区画(エリア)も指定していて、このMaipoVarreyに関しては、ラベルにも表記されているものもあるので、以下に記す。
ALhue(アルウエ)、Buin(ブイン)、Isa de Maipo(イスラ・デ・マイポ)、Maria Pinto(マリア・ピント)、Melipilla(メリピージャ)、Pirque(ピルケ)、Puente Alto(プエンテ・アルト)、Santiago(サンティアゴ)、Talagante(タラガンテ)

マイポ・ヴァレー